コラーゲン口コミ » 関節痛の予防~コラーゲン効果

関節痛の予防~コラーゲン効果

コラーゲンと関節痛の関係

ひざが痛い!それはコラーゲンが減ってきたから。

 年齢を重ねていくと、いつの間にかひざが痛くなったりはしていませんか?それは体の中のコラーゲンの量が減少して、関節の軟骨の機能が弱まったからです。コラーゲンは、その効果の一つとして、関節痛の予防も期待できます。


コラーゲンと関節の関係

 いわゆる関節というのは、骨と骨をつなぐ軟骨として存在しています。この軟骨は、骨と骨の間のクッション材として機能し、摩擦を防ぐ役割を果たしてくれているのです。つまり関節は、身体の動きをなめらかにしたり、スムーズな動きを可能にするという重要な働きを持っているわけです。


 逆に、軟骨がすり減ってしまうと、骨と骨の摩擦を和らげてくれる存在がなくなります。その結果、関節痛や腰痛を引き起こす原因となるのです。


 実はコラーゲンというものは、この軟骨の中の約半分、50%を占めているんです。もうほとんど軟骨の主成分と言ってもいいくらいです。そのため、この軟骨がしっかりとその役割を果たすためには、軟骨の主成分であるコラーゲンが充実していなければなりません。


 このようにコラーゲンは関節になくてはならないものなのです。そのため、関節痛を予防するためにはコラーゲンが必要になるのです。関節痛を持っている方、なんとなく動くのが億劫な方は、コラーゲンをしっかり摂取するようにしてはいかがでしょうか。そうすれば、きっと関節痛が良い方に向かうかもしれません。

コラーゲン効果 一覧