コラーゲン口コミ » 動脈硬化の予防~コラーゲン効果

動脈硬化の予防~コラーゲンの効果

コラーゲンで動脈効果が防げるの?

 コラーゲンの効果といえば、なんといっても美肌効果ですよね。しかしそれと比べてあまりよく知られていない、コラーゲンの大切な効果の一つとして、「動脈硬化の予防」があります。


 なぜコラーゲンが動脈硬化を予防してくれるのか。それはコラーゲンが、体内を走る血管を構成している大切な物質のひとつだからなんです。だから、コラーゲンを積極的に補給することは、血管を強化することと同じこと。それなので、結果として動脈硬化や生活習慣病などを自然と予防してくれる、というわけなのです。

血管とコラーゲンの関係が大切なんです

 具体的にいうと、血管は、実は血液中の栄養素や老廃物などにより、傷つけられてしまいやすいものです。血管にコラーゲンが豊富に含まれていれば、傷ついた血管はコラーゲンの力によって速やかに修復されるのです。


 しかしこのコラーゲンが不足すると、傷ついた血管は修復されにくくなってしまうのです。それがなぜ問題かと言うと、血管にできた傷口に血液中のコレステロールやカルシウムなどが入り込んでしまい、その傷口で固まってしまうからなんです。


 血管にできた傷口にコレステロールやカルシウムがへばりついて固まると何が起こるのでしょうか。それは、血管を弱めて壊れやすくしてしまう、ということが起こるのです。そもそも血管は血液の流れに合わせて柔軟に動くものです。しかし、コレステロールやカルシウムが傷口を固めてしまうことにより、その柔軟性を失わせてしまいます。このような状態で激しい運動などによって血流が速くなったり勢いを増すと、この固まった傷口を破壊して、結果として血管に穴をあけてしまう、というわけなのです。


 このように、実際に血管が壊れてしまうと、いわゆる脳出血や脳梗塞、動脈硬化、心筋梗塞などといった、私たちも良く知る生命にか関わる重大な疾患を引き起こすことになるのです。


 コラーゲンは歳とともに減少してしまうことです。それは逆にいえば、年齢と共に血管はもろくなっていくことでもあります。ですから、私たちは年齢を重ねれば重ねるほど、このコラーゲンの動脈硬化の防止効果を期待してコラーゲンを積極的に摂取していくことが望まれるのです。

コラーゲン効果 一覧