コラーゲン口コミ » コラーゲンは本当に効果がないの?

コラーゲンは本当に効果がないの?

 コラーゲンにまつわる最もよく耳にする噂といえば、その効果についてです。

 「美肌効果があるなんて嘘ばかり」
 「コラーゲンはいくら飲んでもほとんど効果なし!」
 「消化・吸収する際に徹底的に分解されてアミノ酸になってしまう」

 女性なら1度はこのような話を耳にしたことがあることでしょう。新聞や雑誌、インターネットなどでもときどき、コラーゲンを摂っても意味はない、サプリメントは意味無し! という記事などが紹介されています。

よく見る(聞く)コラーゲン無意味説の真相

 しかしコラーゲンは効果がない、なんていうのは本当なのでしょうか?

 とりあえず、そういう人の声をよく聞いてみると、その根拠は口からコラーゲンを摂っても、その成分はそのままコラーゲンとしては使われない、という点にあるようです。

 確かにコラーゲンというのは、タンパク質の一種のことです。口に入れて胃や腸に届いて消化液や体温などによりコラーゲンそのものはもとのアミノ酸に分解されてしまいます。胃や腸で消化されるのは、コラーゲンの状態ではなく、アミノ酸の状態なのです。つまり、コラーゲンのサプリやドリンクをいくら飲んだり食べたりしても、お肌で使われるときにはコラーゲンの状態ではないのです。

 また、サプリやドリンクのように口に入れるタイプではなく、化粧品のような肌に直接塗るタイプのコラーゲンもあります。肌に直接なんだから、きっと効果があるに違いない!と思いがちです。しかし実際には、保湿効果を発揮する角質層や真皮にまで到達してそのまま働くということはないのです。

 すなわち、口から摂取しても、一生懸命肌に塗り込んでも、コラーゲンは私たちの身体の中のコラーゲンとして働いてくれるわけではないのです。

ホントの本当にコラーゲンの効果はないの?

コラーゲンをどんな形で摂取しても、結局コラーゲンとして働いてくれるわけではない・・・。だったら意味ないじゃん!!!って思ったりします。でもそれなら、どうして世の中にはコラーゲンの商品がたくさん作られ、販売されているのでしょうか?コラーゲンの商品を使って、「肌が潤った」みたいな口コミを見かけたりするのでしょうか?

とはいえ、効果がないからといって、コラーゲンの商品を作っている人たちが詐欺で訴えられる、ということはあまり聞きません。ひょっとしてコラーゲンが効果がない、というのは嘘なんじゃないかしら・・・?などという疑問も出てくるわけです。

そこで、これから、それを確かめてみましょう。・・・ということで、次回へ続きます。