コラーゲン口コミ » Q&A » コラーゲンについて » コラーゲンとヒアルロン酸の違…

コラーゲンとヒアルロン酸の違いって何?

コラーゲンとかヒアルロン酸って、どんな違いがあるの?

美容成分としてよく耳にするのが「コラーゲン」ですよね。
しかし、他にも「ヒアルロン酸」という言葉もあるかと思います。

ここではコラーゲンとヒアルロン酸の違いをちょっと詳しく説明します。

コラーゲンの美容効果

初めに、コラーゲンの美容効果についてです。

コラーゲンとは、真皮や靭帯(じんたい)、腱、骨、軟骨と言った、体にとってとても重要な部分を構成するタンパク質の一種です。
コラーゲンは体の新陳代謝を活発にさせる働きがあり、肌や骨を再生成するだけでなく、細胞を元気にする力があります。また、膝や肘などのように、歳をとるにつれて痛みなどを感じやすくなってしまう箇所にも、効果があるとされています。

ヒアルロン酸の美容効果

次にヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸は、体内の細胞をうるおす力を持っています。
具体的には、ミネラルやアミノ酸、ビタミンなどの栄養素を細胞へと届け、そして奥まで浸透させることで、お肌を滑らかに美しく整える作用をもたらします。

そうすることで体質改善、お肌の若返りの手助けをしてくれるんですね。
もともと人間の体のおよそ7割が水分でできていて、体の細胞と細胞をつなぎとめているのが「ムコ多糖」と呼ばれているねばねばした物質です。

ヒアルロン酸ムコ多糖と呼ばれるムコ多糖の一種は、他のムコ多糖と比べておよそ6000倍もの保水力があり体内の保湿に大きく貢献しています。

二つの美容成分が相乗効果をもたらす

コラーゲンが体を構成するタンパク質になり、ヒアルロン酸はそのタンパク質に潤いを与える。そういった働きをお互いにしていると考えてるとその違いが分かリ安いと思います。

コラーゲンによって皮膚にハリを与え、ヒアルロン酸は皮膚の潤いを保つと言ったところでしょうか。
せっかくコラーゲンによって作られた皮膚もヒアルロン酸なしでは枯れてしまい、弾力がなくなってしまったりシワができてしまいます。

コラーゲンとヒアルロン酸はお互いに力を合わせることで、美容・エイジングケアの効果をもたらしています。つまり、コラーゲンだけを採るのではなく、一緒にヒアルロン酸もとることで、より効果を高めることができるのです。

コラーゲンは単体では体内で吸収されにくいものなので、ヒアルロン酸をはじめとする他の美容成分と一緒に体に入れることをお勧めいたします。

同じカテゴリの質問