コラーゲン口コミ » Q&A » コラーゲンの使い方について » コラーゲンの上手な摂取方法は?

コラーゲンの上手な摂取方法は?

コラーゲンを多く含んだ食材選び

コラーゲンの成分は牛や豚由来のものから魚由来のものまで、たくさんありますよね。

どのお肉でも、コラーゲンの成分が多く含まれているのは、人間と同じように骨・軟骨、腱(スジ)や皮膚です。
このような部分を上手に摂取することができていないと、せっかくお肉や魚を食べていても、あまり効率よくコラーゲンの成分を体内に取り入れることができず、むしろ不足してしまうことも考えられます。

豚や牛などの肉類では骨つきのスペアリブ、鶏肉であれば手羽先などにコラーゲンの成分が多く含まれています。ちょっと抵抗があるかもしれませんが、骨や皮を無駄にすることなく食べることでコラーゲンを多く摂取することができます。

そのまま口にするのは抵抗があると思いますので、骨つき・皮つきのまま、肉やお魚をじっくり煮込んで、コラーゲンの成分を上手に摂取してみましょう。

コラーゲンは熱を加えると溶ける性質を持っています。時間をかけて煮込むと、そのスープにコラーゲンが溶けていきます。そして、そのコラーゲンが溶けたスープを冷やしたものを「煮こごり」と言います。この「煮こごり」を食べるのが、一番コラーゲンを摂取する方法としては良いと思われます。

もし、魚をつかってコラーゲンをとるなら、魚の切り身を使うのではなくて、魚を丸ごと使いましょう。骨や皮のついた状態そのままで煮魚をつくると良いです。

特におすすめなのが、ヒラメやカレイです。ヒラメやカレイにはコラーゲンが豊富に含まれています。

コラーゲンだけ食べてもダメなんです

最後にとても重要なことを。

コラーゲンは、体内に入ると消化・分解されてアミノ酸になって吸収されます。このアミノ酸から体内で再びコラーゲンが組み立てられるのですが、コラーゲンが形成されていく段階で必要な成分があります。

コラーゲンはそれ単体では体内で再形成されません。コラーゲンが形成されるときに必要なのが「ビタミンC」です。

ビタミンCは、体内でコラーゲンがくっつくときに橋渡しをする役目を持っています。つまり、ビタミンCが不足してしまうと、コラーゲンが体内で再生成されなくなるのです。

コラーゲンを上手に摂取するには、コラーゲンを豊富に含んだ食材を食べることも重要ですが、体内でコラーゲンの再生成を手助けするビタミンCを一緒にとることも必要になってきます。せっかくたくさんコラーゲンを体内に入れても、コラーゲンが生成されなければ意味がありません。

ビタミンCが多く含まれているレモンやブロッコリー、ピーマンやパセリなどの野菜も一緒に食べるように心がけましょう。

お手軽に、そして効率よくコラーゲンを摂取するには

このように、自分でコラーゲンを摂取することも可能ですが、それなりに手間がかかるものです。しかもランス良くコラーゲンと他の栄養素を摂取するのは、なかなか難しいことです。

そこで、コラーゲンのサプリメントやドリンク、食品といったものが研究・開発されているんですね。

手軽に効率よくコラーゲンを摂取することで、時間や経済的にも助かりますので、ぜひお試しください。

同じカテゴリの記事