コラーゲン口コミ » Q&A » コラーゲンの使い方について » 飲むコラーゲンってお肌にどん…

飲むコラーゲンってお肌にどんな効果があるんですか?

コラーゲンは化粧品に配合されていたりする他にも、ドリンクやサプリメントまたはゼリーなどの食品として販売されています。むしろ最近では、この「飲む」タイプのコラーゲンの方が主流と言っても過言ではないようです。

飲むコラーゲンは基本的にこのドリンク、サプリ、食品のことを言いますが、お肌にいいとされているコラーゲンを飲むと、いったいどんな効果があるのでしょうか。

コラーゲンは体内に取り入れると、一度分解されて再生成される物質ですので、必ずしも飲んだコラーゲンがすべて効率よくお肌に働きかける、とは一概には言えません。

しかも理想的なコラーゲンの摂取量は一日に5000mg前後と言われていますが、実際にその量を食事から摂取しようとすると余計な脂肪分、糖分や塩分なども一緒に摂取してしまうことになりますので、理想的なコラーゲンの量を飲むと言うのは健康面やカロリーだけでなく様々な面で難しいでしょう。

飲んだコラーゲンの一部は再生成されず、しかも理想的なコラーゲンを食事から摂取することは難しい…、と言う時に役に立つのが、初めに挙げたドリンクやサプリ、食品と言った「飲むコラーゲン」です。

「飲むコラーゲン」は、日々代謝しながら生まれ変わっていくコラーゲンを補うには十分な役目を果たすものです。

コラーゲンを飲んで体内へ取り入れることで再生成を促して、より効率的にお肌に働きかけることができます。

そして、ただコラーゲンを飲むだけではなく、規則正しい生活リズムやバランスの良い食事を続けることで、口にした他の栄養素をもとに、飲んだコラーゲンが新陳代謝を繰り返して美肌へと導くことになります。

つまり、飲むコラーゲンは、

  • 不足しているコラーゲンを補う
  • コラーゲンの代謝を促す

といった点で、美肌効果が期待できます。

同じカテゴリの記事