コラーゲン口コミ » Q&A » コラーゲンについて » コラーゲンとは?

コラーゲンとは?

 コラーゲンというのは、人間を含む様々な動物の体内で、最も多く存在しているたんぱく質の種類の一つです。

 コラーゲンは体内、肌の表面のすぐ下にある真皮をはじめ、じん帯や腱、骨、軟骨など身体のいたるところに存在しています。特にヒトの体内では全たんぱく質の約3割を占めているため、コラーゲンの影響力は非常に大きくその役割は大変重要となっています。

 コラーゲンは、体内で合成生産される物質です。しかし、その体内生産量は20歳代前半頃から減少し始めて、60歳代になると生まれた時の約3分の1にまで減少してしまうのです!コラーゲンが不足すると、シワやたるみなどの肌トラブルが起こります。また、関節痛や骨の衰えといった健康面にも大きな影響を及ぼし始めるのです。
 私たちが健康と美容の両面を維持したいなら、コラーゲンが減り始める20代から積極的にコラーゲンを摂取する必要があるのです。

同じカテゴリの質問