コラーゲン口コミ » 脂質が多い~コラーゲンの副作用

脂質が多い~コラーゲンの副作用

 コラーゲンを適量摂取する分には問題ありませんが、大量に摂取すると、ひょっとしたら体重増加や塩分の取り過ぎになってしまう可能性があります。というのは、例えばコラーゲンを多く含む食品を食べる場合、その食材には鳥皮や豚足などといった脂質の多いものが多くあります。本来はコラーゲンの摂取が目的であっても、結果的に脂質も多く摂取してしまい、結果太ってしまう、ということもあります。また、それらの食材を使った料理によっては、塩分を多く使うこともあります。コラーゲンを摂っているつもりが結果として高血圧を招く、などという結果をもたらすかもしれません。

 ただし、これらは食品の場合であり、コラーゲンのドリンクやサプリメントなどの商品では起きにくいと思って差し支えないでしょう。もし気になる場合には、それらの商品のカロリーなども検討して購入すると、このような副作用を避けることができます。

コラーゲンの副作用 記事一覧